人材活用コンサルタント < Goodbye正社員 > 時々 ダブルダッチ大好きパパレンジャー

シティボーイのIターン地方移住前夜

2019/10/28
 
この記事を書いている人 - WRITER -
さがんちゅとーる
30年過ごした浅草から佐賀県唐津市に家族4人で2019/9/10~移住スタート➶本ブログは『移住して幸福になったのか、自分の理想とする働き方ができるのか、パパとして家族の幸福度をどう高めるか』を日常の移住生活をご紹介するブログです。オンライン移住(キャリア)相談やってます! 【Career】サッカーで高校入学→大学4年間ダブルダッチ漬(カナダに1年語学留学+アジアバックパック)→人材活用コンサルタント(事業開発_人材紹介・再就職支援・(若手)顧問紹介・) 【Like】妻と子供、サガン鳥栖、ダブルダッチ(イベント講演、親子教室、佐賀県ダブルダッチ協会設立予定)、ランニング、DefTech(Micro)、筋トレ、NIKE 【Interest】人材育成、志を同じにする仲間、日本人の働き方、家族の幸福度 【Dream】人生100年時代!一人ひとりが自分らしくワクワクな人生を過ごせる社会に!フェルナンド・トーレスとダブルダッチ!

初めまして^^

えーーーいっ、とりあえず公開したったる!!(ふぅ~)

やっと処女作です!いや~ブログ設定・作成大変ですね…

参考にさせていただきましたジュンイチさんありがとうございました!

@Junichi_Santa(日本一のデジタルマーケティングの集客家)

こんばんは!おはようございます!こんにちは!サガンちゅとーるです。

初投稿にお付き合いいただきありがとうございます。

9月10日!自分にとって当時は第二の人生が始まったのです。

そう!2019年9月10日(水)は、東京都墨田区(スカイツリー徒歩2分) ➡ 佐賀県唐津市へ移住する日だからです!

 

移住です!人生の一大イベントですね。景色でいうとこんな感じに変化します。

「スカイツリー 写真」の画像検索結果  ➡  「田舎」の画像検索結果

(画像:http://www.tokyo-skytree.jp/company/)     (画像:https://realestate.yahoo.co.jp/magazine/ksano/20190220-90006058) 

(あっぱれ)

 

それにしても、30年間過ごしてきた東京を離れる決断をするのにはとても勇気がいりました。

意を決して勤め先に相談したのも、移住を考えだしてから実に11ヶ月越しでした(ふぅ~)

人生のセカンドステージへと突入するサガンちゅとーるの心境にお付き合いください。

 

こんな方に読んでいただけると嬉しい ※ピンとこない方は離脱しちゃってください!

➊移住(Iターン)※U・Jターンも問わず

  • 直近(去年今年)で首都圏(東京・大阪)から地方へ移住した方
  • 今後地方移住を検討している方
  • ふるさとは(「ただいま」って言える場所は)複数あってもいいよねという方
  • 子育て家庭で地方移住された(検討している)方
  • 家族幸福度を高めたいと考えているパパ/ママ

➋地域課題解決

  • プレイヤーとしてオモロい地域を自分の手で作り上げることに関心のある方
  • 地方が抱える問題点を解決するために自身の経験やスキルを活かしたい方
  • 地方での働き方/企業の人材活用(採用)に関心のある個人・経営者・役員の方
  • 「旅するようにはたらく」ことに関心のあるフリーランス(個人事業主)・複業模索中の方
  • 既に地域ブロガー、地域編集者(プロデューサー)、プロボノとして地域ビジネスでご活躍されている方

 

上記、「こんな方に読んでいただけると嬉しい」の項目に一つでも当てはまる方がいらっしゃれば、ぜひこの先も、次回以降の記事も読み進めていただき、情報交換をさせていただきたいと思います!

今でこそSNSやオンラインサロンを通じて同じジャンルに関心のある方と繋がることは容易になりましたが、

『移住(移住を通して自身の幸福度を考える)コミュニティ』はさほど多くないと感じています。

まだ構想の段階ではありますが、ゆくゆくはSNSを活用して一つの移住者&【関係人口*1】のグループ(コミュニティ)を形成したいと思っています。

私が発信したい内容のイメージを持っていただくために参考までに【遠恋複業課*2】という岩手県の取り組みが大変近しい考え方ですのでリンク参照します。

*1 【関係人口】 *2 【遠恋複業課】

 

本題に入る前に書いてるやつ誰やーーー!ってなると思うので、

自己紹介については、プロフィールでご覧ください。

プロフィール(あなたはどがん人ですか?)

スポンサーリンク

 

●移住のきっかけ

生まれも育ちも東京都墨田区のサガンちゅとーるが、なぜ移住に踏み切ったのか。

 

その理由は、ただひとーつ!          待機児童

 

2人の幼子を抱えながら区役所に行って、申請書類を受け取って、子供の寝ている間に書類を仕上げて、提出して、ポイントで入園できず、って数か月間保活をしているゆーちゃんを見て佐賀に移住する(ゆーちゃんの実家故郷近くに行く)ことも悪くないか…?と真剣に考えるようになりました。

ただ、自分が仕事で新規事業開発を担うようになって間もなかったので「異動したばかりだし、めちゃくちゃ楽しい仕事だからもう少しだけ頑張りたい…」とゆーちゃんを説得して先延ばしにしてもらっていました。

しかし、子供を預けていた施設が乳幼児のみの保育園(0歳~2歳までの園)で、2歳を過ぎたら卒園しなければならなかったため、新たな入所先がないことを理由にゆーちゃんと子供には今年(2019年)の5月に先んじて故郷に帰ってもらうことにしました。

ここまで読むと、私が家族のために地方移住を決意したいい夫のように感じるかと思いますが、NO!NO!NO!

ゆーちゃんに言わせれば「わたしが佐賀に帰るのはあなたの非協力的な態度と、それによる育児疲労のせい、引っ越しor移住するなら私の佐賀の故郷!」とのことでした。(猛!省!)

私は、これまでの自身の家事・育児への姿勢、ゆーちゃんに対する協力・優しさを振りかえり猛省したのです。

一般的には移住を検討するとなると、どの県・どの市区町村に?と言う考えが思い浮かびますが、サガンちゅとーる家の移住は、移住といえどもエリア縛り(ゆーちゃんにとってはUターン|自分にとってはIターン)の一択なのでした。

移住するきっかけは、待機児童+待機児童の裏に隠された私(パパとして)の自覚の欠如だったのかもしれません。

 

こちらも参考までにご覧ください。(5分程度)

東京生活でストレスに感じていた6つのこと

 

●私が感じる社会の問題点(問題提起)

上記の待機児童の経験と様々な周囲からの反応を考慮して、子育て環境は地方のほうが整えやすいだろうと心機一転。

幸いにも転居先の近くに新しい保育園が開設したため、ゆーちゃんたちが引っ越して1か月ほどで入園できて一件落着。(ふぅ~)

 

いやはや~もしも東京に住み続けることを決断していたら・・・今ごろ・・・

仕事が楽しかった自分は、ほぼゆーちゃんにワンオペで幼児2人の育児を託し・・・先の猛!省!がきっかけで家庭内に笑顔がなくなる(家族幸福度が極端に低下する)ところでした。

 

あわせて、育児・家事で精いっぱいなゆーちゃんが社会との接点が少なくなり、自分の人生と向き合う時間と気力がなくなっていく事について旦那として、最愛のパートナーとして私も心配でした。

 

とまぁ、一連の出来事から感じた社会の問題点(ドーーーん)(⁉いきなりやなっ!)

かけがえのない子供を育てることで幸せなはずの家族が、旦那の協力度合いや旦那の会社が示す働き方に対する理解度によって、”世の中のママが自分の人生と向き合えなくなる”

”世の中のママが自分の人生と向き合えなくなる”事で生じる問題を紐解いてみた

=====

パパの非協力(もしくは、協力できるほど勤め先が働き方に対して柔軟でない)

例:在宅勤務、保育園送迎時間猶予、フレックスタイム、有給休暇取得しやすさ 等々

育児や家事でママの負担が大きく、睡眠不足・身体的疲労・精神的不安定(ワンオペ状態)

パパに対する文句(パパもママに文句言い始める)

口喧嘩が多くなる(会話が減る)

尊敬できなくなる(会話が必要最低限の事務連絡だけになる)

存在がうざくなる(舌打ち、視界にいれない、陰の雰囲気しかない)

これが繰り返さされることで ・ ・ ・ 最悪、まぁ ・ ・ ・ 💣

=====

つまり、パパの非協力(もしくは、協力できるほど勤め先が働き方に対して柔軟でない)が諸悪の根源だとすれば、

だとすればですよ?!

『パパの働き方改革』、いやもっというと『パパの生き方改革』が必要と感じています。

 

幸せな家族って、ママが良く笑ってる家族だと思いませんか?

 

ママが笑うことで一家が明るくなり、パパも早く帰りたくなる理想の家庭が出来上がるんでしょう。

ママが笑っているためには、パパの家事育児への積極参加、パパの勤め先の働き方に対する柔軟な考え方が必要不可欠、こんな風に仮説してみようと思います!

 

『家族幸福度を高める!』

このテーマに挑戦するため、私(パパ)の『生き方改革』・『家族の幸福度向上ストーリー』について本ブログを綴っていきたいと思います。

 

よって、本ブログの役割は、何か育児方法を提唱したり、読者の皆さまに対してノウハウを伝授するものではなく、あくまで私が考えるこの社会の問題点『世の中の家族幸福度が低いのでは!?』を解決する道筋を示すことです。

読者の皆さまと共に社会の問題点を解決していくストーリーブロガーとしてご認識いただき、お付き合いいただけましたら幸いです^^

●締め(呼びかけ)

サンキューベリーマッチョ!!

ここまで読み進めていただきありがとうございます!88👏88👏88👏88👏

終わりに、以下の内容を募集いたします!

  • 本ブログ記事に対する叱咤・激励のメッセージ(例:good!、Twitterリプ、次回以降は読みません!)
  • 実践している幸福度を高めるための方法
  • 移住生活スタート初期のサガンちゅとーる家へのアドバイス

10月末まで3日に1回はブログ更新します!(ふれ~フレ~と-るっ Here we go~)

ブログのタイトルである、『家族幸福度』、『私の夢』、『移住先の仕事』等々は次回以降綴っていきます。

お楽しみに~(まだ処女作なので、こんなこと気軽に発言するなぁ…)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
さがんちゅとーる
30年過ごした浅草から佐賀県唐津市に家族4人で2019/9/10~移住スタート➶本ブログは『移住して幸福になったのか、自分の理想とする働き方ができるのか、パパとして家族の幸福度をどう高めるか』を日常の移住生活をご紹介するブログです。オンライン移住(キャリア)相談やってます! 【Career】サッカーで高校入学→大学4年間ダブルダッチ漬(カナダに1年語学留学+アジアバックパック)→人材活用コンサルタント(事業開発_人材紹介・再就職支援・(若手)顧問紹介・) 【Like】妻と子供、サガン鳥栖、ダブルダッチ(イベント講演、親子教室、佐賀県ダブルダッチ協会設立予定)、ランニング、DefTech(Micro)、筋トレ、NIKE 【Interest】人材育成、志を同じにする仲間、日本人の働き方、家族の幸福度 【Dream】人生100年時代!一人ひとりが自分らしくワクワクな人生を過ごせる社会に!フェルナンド・トーレスとダブルダッチ!

Comment

  1. アバター 濱野 より:

    生まれも育ちも佐賀県民です。しかも元唐津市民です笑
    よくもまぁ東京から佐賀にいらっしゃいましたねぇ〜笑
    サッカーでいうとFC東京ですか
    東京の方々はわかりませんが、佐賀県民はみんな暖かいはずですよ。人間味があるというか…。
    言葉が分かりづらいかもしれませんが、子育てをする環境には最適だと思いますよ!
    土の上で転んだり、塩味がする海で泳いだり、夏でも涼しい山へ登ったりと。
    四季を肌で感じれますよ〜!
    移住おめでとう

    • 濱野さん

      コメント第一号ありがとうございます!長文の拙い文章を読んでいただき嬉しいです^^
      そうです!FC東京です、トーレス引退しちゃいましたが、これからは生涯サガン鳥栖ファンです!

      今は佐賀にいらっしゃらない?

      今後も更新しますので、ぜひ一言でもコメント頂けますと励みになります( ;∀;)

  2. アバター ピカ より:

    ようこそ、唐津へ‼️
    若いうちは物足りないかもしれない地元は
    年月を重ねて、やっと素晴らしさが分かってきました。
    今唐津は、いろんなアニメとコラボをし
    全国から聖地巡礼に来られていてリピートの方も沢山いらっしゃいます。
    そういう方々に、唐津の良さを反対に教えてもらっています(笑)
    東京から移住してきてくださったガンちゅとさんも
    良い所を沢山見つけて頂けたら嬉しいです!

    • 閲覧・コメント本当にありがとうございます!!
      仰る通り、唐津はロケーションツーリズムで大成功していますね^^

      嫁さんも「佐賀には何もない!」と地元の方は謙遜されますが、「何もないのなら可能性は無限大!」と感じています。
      唐津・佐賀の良さを発信するために移住してきましたので、任せてください!

      東京に長い分、首都圏での生活のしづらさがわかっています。
      「東京で生活していて嫌な●個の事」みたいな投稿もする予定です。
      ぜひ引き続きよろしくお願いいたします!!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 『家族幸福度』向上プロジェクト , 2019 All Rights Reserved.